格安航空会社のソラシドエア。他社との違いは?

ソラシドエアは他社とどのようなサービスの違いがあるのでしょうか?利用するメリットとは? - 快適な空の旅を演出するソラシドエアの企業努力

快適な空の旅を演出するソラシドエアの企業努力

ソラシドエアでは空の上での言葉のバリアフリーを目指した研修会を催し、乗客に快適な空の旅を満喫してもらえるトレーニングを行っています。言葉のバリアフリーとはいったいどのようなものなのでしょうか。

40代から聞こえにくくなるモスキート音を意識したアナウンス

加齢に連れて高音が聞き取りにくくなることはよく知られていますが、その変化により母音より子音の聞き間違いが多いそうです。例えば、「かとうさん」、「さとうさん」という言葉の聞き間違いが起こり得るので、フルネームで読むなどの配慮をします。
話す側が聞き取りにくい音を理解することで、聞き取る側に伝わりやすい言い方を心がけると言葉のバリアを取り去ることができるそうです。

聞き間違いが多い言葉を言い換えて伝える配慮

研修では、フライトのアナウンスでよく利用されている「定刻」は「警告」と聞き間違えやすいので「予定の時刻」と言い換え、「機体整備」は「機体警備」と聞き間違える可能性があることから「メンテナンス」と言い換える配慮をするなどの提案がされました。
ソラシドエアはこのような研修を受けて、現場の意識改革を行うことを目指しているそうです。

乗客思いのソラシドエア

このようにソラシドエアは顧客がサービスし、空港や機内で快適に過ごせるよう企業努力をしています。受験期には「がんばれ!受験生プロジェクト」として受験生とその家族に合格祈願のしおりをプレゼントするサービスを継続的に行っています。
また女性には、アゴユズスープやハーブティのホットドリンクサービス、ソラシドエアのイメージカラーのかわいいひざ掛けなどの機内サービスのセンスが良いと好評です。女性、年配の利用者などさまざまな顧客を想定していることが分かりますね。

関連する記事

  « 前の記事: を読む